男子ごはんおかわり【モバイル版】

「男子ごはん おかわり」のモバイル版。人気レシピを中心に。ケンタロウ時代のレシピも

#144冬のおつまみSP~ほうれん草とホタテのグラタン

time 2011/02/06

◇テレビ東京・男子ごはん2月6日放送のレシピ

材料

■白菜とアンチョビのサラダ(2人分)
白菜:1/16個、玉ねぎ:1/4個、アンチョビ:3枚
a)
おろしにんにく:ほんの少々、オリーブ油・マヨネーズ:各大さじ1、こしょう:適宜、塩・こしょう:各適宜

■じゃがいものガレット(2人分)
じゃがいも(メークイン):2個、サラダ油:大さじ3、塩・こしょう:各適宜

■ほうれん草とホタテのグラタン(2~3人分)
ほうれん草:1束、ホタテ:4個、薄力粉:大さじ1.5~2、牛乳:1カップ、ピザチーズ:1カップ弱、オリーブ油:大さじ1弱、塩・こしょう:各適宜

作り方

●白菜とアンチョビのサラダ
1、白菜は葉と芯に切り分け、葉はざく切りにして芯は5cm長さの縦細切りにする。アンチョビは細かくたたく。玉ねぎは極細かいみじん切りにして水に3分さらして水気をしっかり切る。

【Kentaro’s Point】
白菜は切り分けることで、より食感を楽しめるようにする

2、ボウルに玉ねぎ、a)を入れて混ぜる。さらに白菜、アンチョビを加えて和える。味をみて塩、こしょうでととのえる。

【Kentaro’s Point】
玉ねぎを極みじん切りにすることで、食感はあまり出さずに風味として使う

●じゃがいものガレット
1、じゃがいもは皮つきのまま細切りにする。
2、フライパンを熱してサラダ油大さじ1.5をひき、1を入れて全体に丸く広げる。軽く平らにおさえる。そのままいじらずフタをして中火でじっくり焼く。
3、焼き目がついたらフライパンより一回り小さい皿をかぶせ、ひっくり返す。焼き目を上にして再びフライパンに戻し、サラダ油大さじ1.5を足して裏もしっかりと焼く。
4、器に盛って塩、こしょうを振る。

●ほうれん草とホタテのグラタン
1、オーブンは250度に温める。
2、ほうれん草は塩を加えた熱湯でサッと茹で、流水でしっかりと水洗いする。水気をしっかり絞って食べやすい大きさに切り分ける。ホタテは4等分に切る。
3、フライパンを熱してオリーブ油をひき、ホタテを強火で炒める。ホタテの色が変わったら薄力粉を加えて炒める。

【Kentaro’s Point】
ホタテを炒めたところに薄力粉を加えることで、ダマになりにくい(←ベシャメルソース)

4、粉っぽさが無くなったら火を止め、少しずつ牛乳を加えて溶き混ぜる。再び中火にかけて混ぜながらとろみがつくまで煮詰める。味をみながら塩でととのえる。

【Kentaro’s Point】
牛乳を数回に分けて加えるとよく混ざる(←ベシャメルソース)

5、耐熱容器にソースの半分、ほうれん草、チーズの半分、ソースの残り、チーズ残りの順に重ねる。

【Kentaro’s Point】
チーズを表面だけでなく、中に仕込んでおくと美味しく仕上がる

6、250度のオーブンで10分弱、様子をみながら焼く。仕上げにオリーブ油をたらす。

sponsored link

down

コメントする

Archiv



sponsored link