男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に。ケンタロウ時代のレシピも

#215ケンテツ流アジアンおつまみ3品

time 2012/06/17

◇テレビ東京・男子ごはん6月17日放送のレシピ

材料

■ヤンニョムチキン(2~4人分)
鶏モモ肉…2枚、揚げ油…適宜、片栗粉…適宜、バターピーナッツ…15粒程

【下味】
塩…小さじ1/3、粗挽きこしょう…適宜、しょうがのすりおろし…1片、酒…大さじ3

【コチュジャンだれ】
コチュジャン…大さじ3、しょうゆ…大さじ1.5、酒…大さじ1.5、砂糖…大さじ1.5、酢…大さじ1、にんにくのすりおろし…1/2片

■鯛のアジアンあら煮(2~3人分)
鯛のあら…4~5切れ、長ねぎ…10㎝分、みょうが…1個、青じそ…5枚、ナンプラー…大さじ2、しょうゆ…大さじ1、砂糖…大さじ3、赤唐辛子(乾燥)…3~4本、にんにく…1かけ、水…1.5カップ

■きゅうりの黒いナムル(2~4人分)
きゅうり…2本、塩…適宜
【A】
黒酢…大さじ2、黒すりごま…大さじ2、砂糖…小さじ2、ごま油…小さじ2、しょうゆ…大さじ1、にんにくのすりおろし…適宜、しょうがのすりおろし…1かけ

作り方

●ヤンニョムチキン
1、鶏モモ肉は一口大に切る。鶏肉に下味の材料をしっかりともみ込み、片栗粉を厚めにまぶす。コチュジャンだれを混ぜる。ピーナッツは粗みじん切りにする。

【Kentetsu’s Point】
鶏肉を小さく切ることでタレと絡みやすくなり、おつまみとしても食べやすくなる

2、揚げ油を中温に熱し、鶏肉を入れて時々返しながら4~5分揚げ、こんがりとしたら油を切る。
3、フライパンにコチュジャンだれの材料を加えて煮立たせ、2を入れてさっとからめる。器に盛って、ピーナッツを散らす。

●鯛のアジアンあら煮
1、あらはザルに乗せて熱湯を回しかけて霜降りをし、水気を拭く。にんにくはつぶす。長ねぎは5cmに切り、芯を取出してから細切りにする(芯はとっておく)。みょうが、青じそも細切りにし、水にさらしてパリッとさせる。

【Kentetsu’s Point】
香味野菜を水にさらしておくことで、食感がよくなる

2、鍋にナンプラー、しょうゆ、砂糖、にんにく、赤唐辛子、水(1.5カップ)、ねぎの芯を加えて煮立て、1のあらを加えてフタを少しずらしてのせ、煮汁を時々かけながら弱めの中火で20分ほど煮る。汁けが少なくなったら、器に盛り水気をふいた薬味をのせてこしょうをふる。

【Kentetsu’s Point】
弱火でじっくり煮込むことで余分な水分を飛ばし、しっかりと味を染み込ませる

●きゅうりの黒いナムル
1、きゅうりは塩を振って板ずりをし、縦半分にしてから約5mm厚さの斜め薄切りにする。

【Kentetsu’s Point】
約5mmの厚さの斜め薄切りにすることで、調味料と和えても程よい食感が残る

2、ボウルにきゅうりを入れてごま油以外のAを和える。ゴマを加えるときは手でつぶしながら入れる。仕上げにごま油をからめる。

sponsored link

down

コメントする

Archiv



sponsored link