男子ごはんおかわり【モバイル版】

「男子ごはん おかわり」のモバイル版。人気レシピを中心に。ケンタロウ時代のレシピも

#217イカのヒラヤーチー&ヘチマの味噌炒め

time 2012/07/01

◇テレビ東京・男子ごはん7月1日放送のレシピ

材料

■イカのヒラヤーチー(2人分)
イカ…5杯、桜えび…大さじ山盛り5、青ネギ(小口切り)…1束、青のり…大さじ1、白いりごま…大さじ1~2
(a)
薄力粉…1カップ、卵…3個、水…100cc、しょうゆ…小さじ1、塩…2つまみ

ごま油…適宜、酢じょうゆ(酢+しょうゆ)…適宜

■ヘチマの味噌炒め(2人分)
ヘチマ(大)…1本、豆腐…1/2丁、ランチョンミート…1/4缶、ニラ…1/2束
(a)
砂糖…大さじ1、しょうゆ…大さじ1、みそ…大さじ1、だし汁…1カップ

サラダ油…大さじ1、しょうゆ…適宜

■沖縄風黒糖蜜と黒砂糖のかき氷(5~6人分)
ブロック氷…約1kg、エバミルク…適宜、黒糖蜜…適宜、黒砂糖…適宜

作り方

●イカのヒラヤーチー
1、イカは胴に指を入れて内臓をはずして引き抜き、胴と足に分ける。胴は洗いながら軟甲や残りの内臓を取って水気を拭き、1.5cm角に切る。足はワタを切り落として洗って水気を拭き、1.5cm長さに切る。
2、ボウルに(a)を合わせて泡だて器でよく混ぜ合わせる。
3、2に1、小口切りにした青ネギ、桜えび、青のり、いりごまを加えて、さっと混ぜ合わせる。
4、フライパンにごま油(大さじ1)をひいて熱し、3を流し入れて素早く広げる。フタをして中火で焼く。焼き目がついたら裏返す。(裏返しにくければいったん皿に出してから、ひっくり返してフライパンに戻す)フライパンの縁からごま油(小さじ1)を回し入れ、フタを取ったままじっくり焼く。

【Kentaro’s Point】
・ごま油で焼くことで風味がよくなる
・フタをして蒸し焼きにすることで、中まで火が通りふっくらと仕上がる

5、両面をこんがりと焼く。 
6、食べやすく切って器に盛り、好みで酢じょうゆをつける。

●ヘチマの味噌炒め
1、豆腐はザルにのせて上に皿などの重しをのせ、30分以上しっかりと水切りをする。1㎝厚さに切ってから縦3等分に切る。
2、ヘチマはヘタを取り、ピーラーで皮を剥く。一口大に乱切りする。ニラは5cm長さに切る。ランチョンミートは食べやすい大きさの細切りにする。
3、(a)を混ぜ合わせる。
4、フライパンにサラダ油を熱し、強火で豆腐を炒める。さらにヘチマ、ランチョンミートを加えて強火で炒める。(あまり動かさないで全体に焼き目を付ける)
5、表面に焼き目が付いたら(a)を加えてフタをして中火で1分煮る。フタを取って汁けが少なくなるまで5分程煮詰める。
6、ニラを加えてひと煮する。味をみて薄ければしょうゆでととのえる。

●沖縄風黒糖蜜と黒砂糖のかき氷
1、黒糖蜜を器に入れておく。

【YU’s Point】
・器を事前に冷やしておくことで、かき氷が溶けにくくなる
・氷は作る15分前を目安に常温に置くことで割れるのを防ぐ

2、氷をかく。
3、氷の上から蜜をかける。
4、エバミルクと黒砂糖をかける。

【食用ヘチマ(ナーベラー)】
開花から2週間の繊維が固くなる前の若い果実を食べる。沖縄を代表する夏野菜で火を通すととろりとした食感になる

sponsored link

down

コメントする

Archiv



sponsored link