男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#384ピリ辛山椒そぼろごはんのステーキ丼

time 2015/09/28

◇テレビ東京・男子ごはん9月27日放送のレシピ

材料

■こだわり丼シリーズ第5弾~ピリ辛山椒そぼろごはんのステーキ丼(2人分)
牛ステーキ肉…350g、塩…小さじ1/2、黒こしょう…適量、しいたけ…2個
(a)
みそ…大さじ1.5、みりん、酒…各大さじ1

オリーブ油…大さじ1、春菊…適量、かつお節(ソフトパック)…適量

【ピリ辛山椒そぼろごはん】
合いびき肉…100g、ごぼう…1/2本(100g)、山椒の佃煮…小さじ2、しょうが…1片、赤唐辛子(小口切り)…小さじ1
(b)
しょうゆ…大さじ1.5、みりん、酒…各大さじ1、砂糖…小さじ2

ごま油…大さじ1、温かいご飯…2合

■インゲンのにんにくスープ(2人分)
インゲン…90g、しめじ…小1パック、にんにく…4片、だし汁…600㏄、ごま油…大さじ1/2、酒…大さじ1、薄口しょうゆ…小さじ1、塩…小さじ1/2

作り方

●ピリ辛山椒そぼろごはんのステーキ丼
1.ピリ辛山椒そぼろごはんを作る。
ごぼうはささがきにして水にさらす。しょうがはみじん切りにする。(b)を混ぜる。
2.フライパンを熱してごま油をひき、しょうがを強火で炒める。赤唐辛子を加える。香りが出てきたらひき肉を加えてほぐしがら炒める。色が変わったら水気を切ったごぼう、山椒の佃煮を加える。油が回ったら(b)を加えて炒め煮にする。汁気が無くなったら温かいご飯に加え、さっくりと混ぜる。
3.牛肉は室温に出しておき、塩、黒こしょうを振って下味をつける。しいたけはみじん切りにする。

【Shimpei’s Point】
牛肉を常温に戻し、短時間で焼くことで、おいしくジューシーに焼き上がる

4.フライパンを熱してオリーブ油をひき、牛肉を入れて強火で両面をこんがりと焼いて取り出す。ステーキを食べやすくそぎ切りにする。
5.4のフライパンにしいたけを入れて強火で炒める。しんなりしたら火を弱めて(a)を加えて炒め合わせる。

【Shimpei’s Point】
牛肉を焼いた後のフライパンでソースを作ることで、肉汁のコクが効いたソースが出来上がる

6.どんぶりに2を盛って4、半分に切った春菊をのせ、5をかける。かつお節を振る。

●インゲンのにんにくスープ
1.いんげんは3等分に切る。しめじは石突を落として子房に分ける。にんにくは縦薄切りにする。
2.鍋を熱してごま油を引き、にんにくを中火で炒める。香りが出てきたらいんげんを加えて炒める。インゲンに油が回ったら、だし汁を加えて煮る。

【Shimpei’s Point】
インゲンは先に炒めることで青臭さがやわらぐ

3.酒、薄口しょうゆ、塩を加えて味をととのえる。しめじを加えてひと煮する。

sponsored link

down

コメントする




Comment

    Archiv

    

    sponsored link