男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#448新春SP~ビーフカツ&カツサンド/鯛の白ワイン蒸し

time 2017/01/04

◇テレビ東京・男子ごはん1月2日放送のレシピ

材料

[佐々木蔵之介リクエスト]
■ビーフカツ&ビーフカツサンド(2人分)
牛ももステーキ肉…2枚(150g/枚)、塩…小さじ2/3、黒こしょう…適量
(a)
卵…1個、薄力粉…大さじ2

パン粉(細かめ)、揚げ油…各適量、クレソン…適量

《ソース》
赤ワイン…大さじ3、ウスターソース、ケチャップ…各大さじ2、バター…2.5g、はちみつ…小さじ1/2、ナツメグ…少々

《カレー塩》
カレー粉…小さじ1/2、塩…小さじ1

<ビーフカツサンド:材料(1人分)>
ビーフカツ…1枚、玉ねぎ(縦薄切り)…適量、ビーフカツソース…適量、サンドウィッチ用の食パン…2枚、粒マスタード、バター、ピクルス…各適量

[上野樹里レシピ]
■鯛の白ワイン蒸し「みんなで食べタイ!おめでタイ!」(4人分)
鯛(うろこは取り除き済)…1尾、ムール貝(下処理済)…6~8個、あさり(中~大サイズ)(砂抜き済)…200g、セロリ…1/2本、黄パプリカ…1/2個、ミニトマト…6~8個、にんにく…1片、ディル…4本、タイム…3本、オリーブ油…大さじ2、白ワイン…1カップ、水…適量、赤唐辛子(小口切り)…1本分、塩、黒こしょう、酒…各適量、レモン、バルサミコ酢…各適量

<ガーリックトースト>
バゲット…1/2本、おろしにんにく…少々、バター…20g、パセリ(みじん切り)…1枝

作り方

●ビーフカツ&ビーフカツサンド
1.ソースを作る。
小鍋にソースの材料を入れて中火で3~4分煮詰める。カレー粉と塩は混ぜ合わせておく。
2.牛肉は塩、黒こしょうで下味をつけ、肉たたきでよく叩いた後、手で押さえながら元の形に戻す。
3.バットに(a)を混ぜる。2に(a)をまんべんなくつけ、パン粉をまぶす。
4.揚げ油を200℃に熱し、3を入れて強火で揚げる。衣が色づいたらすぐに取り出す。食べやすく切る。

【Shinpei’s Point】
牛肉を200度の油で1分揚げることで、表面はサクサク、中はレアに仕上がる

5.器に1のソースをひいて4をのせ、クレソン、カレー塩を添える。

《ビーフカツサンド》
1.パンはトーストしてバターを塗る。ビーフカツの両面にソースをからめ、粒マスタードを塗り、玉ねぎと共にパンに挟む。食べやすく切って器に盛る。ピクルスを添える。

●鯛の白ワイン蒸し
1.鯛は内臓を取り除き、酒で洗って水けを拭く。塩(適量)を振って15分おく。出てきた水分を拭き取る。鍋の大きさに合わせて切る。
2.セロリとセロリ葉は適当な大きさにざく切りにする。黄パプリカは縦1㎝幅に切る。にんにくは横薄切りにする。
3.ミニトマトはへたを取って竹串で穴をあけてから、湯むきをする。

【Juri’s Point】
ミニトマトの皮を湯むきすることで、酸味のあるトマトの風味が鍋全体に広がる

4.鍋を熱してオリーブ油をひき、にんにくを入れて弱火で炒める。
にんにくの香りが出てきたら鯛、アサリ、ムール貝、セロリ、黄パプリカ、ミニトマト、白ワイン、水を入れる。赤唐辛子、ディル、タイムをちぎって加えて蓋をして強めの中火で煮る。
5.あさりの口が開いて、鯛に火が通ったら出来上がり。味をみて足りなければ塩、黒こしょうでととのえる。食べる時に好みでレモン汁やバルサミコ酢を振って食べる。

《ガーリックトースト》
1.バターは電子レンジで溶かして、おろしにんにく、パセリ半分と混ぜる。(パセリの残りの半分は仕上げにようにとっておく)
2.バゲットは2㎝厚さの斜め切りにし、片面に1を塗る。トースターでこんがりと焼く。仕上げ用のパセリを振る。


↑ルクルーゼのビュッフェ・キャセロール(マルセイユブルー)

sponsored link

down

コメントする




レシピ#551-最新回

フードジャンル

Comment

    Archiv

    

    sponsored link