男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#458手打ちパスタの本格ボロネーゼ

time 2017/03/12

◇男子ごはん3月12日放送のレシピ

材料

■手打ちパスタ ボロネーゼソース(2~3人分)
《手打ちパスタ》
デュラム・セモリナ粉…200g、薄力粉…100g、塩…小さじ1/2、卵…3個、オリーブ油…大さじ1.5、水…大さじ1/2、打ち粉(デュラム・セモリナ粉)…適量

(セモリナ粉、思ったよりも安い↑)

《ボロネーゼソース》
合いびき肉…300g、マッシュルーム…1パック、玉ねぎ…1/2個、にんにく(みじん切り)…1片
赤唐辛子…1本、ローリエ…1枚、ローズマリー、タイム…各1本
a)
ホールトマト…1缶、赤ワイン…100㏄

塩、オリーブ油、黒こしょう…各適量、パルミジャーノ・レッジャーノ、イタリアンパセリ(みじん切り)…各適量

■特製マヨネーズドレッシングのサラダ(2人分)
ルッコラ、クレソン…1/2束、フルーツトマト…2個

<マヨネーズドレッシング>
卵黄…2個、酢…大さじ1.5、サラダ油…大さじ3、塩…小さじ1/3

作り方

●手打ちパスタ ボロネーゼソース
1.ボウルにセモリナ粉、薄力粉を入れて軽く混ぜる。塩を入れて混ぜ、真ん中に卵、オリーブ油、水を加えて菜箸でザッと混ぜる。水分が粉となじんできたら打ち粉をした調理台に出して手でよくこねる。生地がなめらかになってきたら打ち粉をしたボウルに入れ、ラップをして約30分ねかせる。

【Simpei’s Point】
・セモリナ粉を加えることで、小麦の香りがアップする
・水分量を間違えない、きちんとつなぎを加えることで、切れにくいパスタに仕上がる

2.パスタマシーンのローラーに打ち粉を振る。1の生地を4等分にして、手でパスタマシーンの幅に合わせて細長く平らに伸ばし打ち粉を振る。5㎜厚さのローラーにかけてから、4㎜幅のローラーにかけて麺状に伸ばす。ローラーにかける度に生地に打ち粉を振る。
3.ボロネーゼソースを作る。マッシュルームは縦薄切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。赤唐辛子はへたと種を取ってちぎる。
4.フライパンを熱してオリーブ油(大さじ2)をひき、にんにくを中火で炒める。
香りが出てきたらひき肉を加えてほぐしながら炒める。ひき肉に火が通ったら玉ねぎを加えて炒める。
5.玉ねぎがしんなりしたら赤唐辛子、ハーブを加えて炒め、a)を加えて混ぜながら中火で7分煮る。塩(小さじ1)、黒こしょう(適量)マッシュルームを加えてひと煮する。マッシュルームがしんなりしたら味をみながら塩、黒こしょうで調える。

【Simpei’s Point】
生のハーブを使用し、香りを具材に移すことで、風味豊かなソースに仕上がる

6.鍋に湯を沸かして塩、オリーブ油(各適量)を加え、2を2分茹でる。茹で上がった茹で汁をよくきって器に盛り、5をかける。パセリを振り、パルミジャーノをたっぷり削る。

●特製マヨネーズドレッシングのサラダ
1.ルッコラ、クレソンは根元を切り落として半分に切る。フルーツトマトは縦4等分に切る。
2.ドレッシングの材料をハンドミキサーにかける。
3.器に1を盛って2をかける。


↑イタリア製のパスタマシン「インペリアSP150」

sponsored link

down

コメントする




Archiv



sponsored link