男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#464昭和の洋食屋さんメニュー/ミックスフライ定食

time 2017/04/24

◇男子ごはん4月23日放送のレシピ

材料

■ミックスフライ定食(2~3人分)
《コロッケ》
じゃがいも…大3個(約800g)、玉ねぎ…1/2個、合いびき肉…100g、サラダ油…大さじ1/2、バター…10g、塩、黒こしょう…各適量

《エビ、ホタテ》
エビ…大4尾、ホタテ(貝柱)…4個、塩、黒こしょう…各適量、薄力粉、生パン粉、揚げ油…各適量
溶き卵…2個

《付合せ》
キャベツの千切り、トマト(くし形)、レモン(くし形)、パセリ、中濃ソース…各適量

《タルタルソースの材料》
ゆで卵…2個、ピクルス…小1本(約30g)、玉ねぎ…小1/4個(約50g)、マヨネーズ…大さじ4、塩…小さじ1/3、黒こしょう…適量

■コンソメスープ(2人分)
ハム…40g、セロリ…50g、にんじん…3㎝(約30g)、玉ねぎ…30g、オリーブ油…大さじ1、ローリエ…1枚、塩…小さじ1/2、黒こしょう…適量、パセリ(みじん切り)…適量
a)
水…400㏄、コンソメ(顆粒)…1袋(5g)

作り方

●ミックスフライ定食
1.じゃがいもは皮をむいて4等分に切ってかぶるくらいの水で20分くらい強めの中火で茹でる。竹串がスーッと通ったら茹で汁を捨て、再び強火にかけて水分を飛ばす。火を止めてマッシャー等で潰す。

【昭和ポイント】
じゃがいもは水から茹でていくことで、芯が残らずホクホクに仕上がる

2.玉ねぎはみじん切りにする。フライパンを熱してサラダ油をひき、玉ねぎを入れて強めの中火で炒める。少し色づいてしんなりしたら、ひき肉を加えてほぐしながら炒める。肉の色が変わったら塩(小さじ1/3)、黒こしょうを振って炒め合わせる。
3.1に2、バター、塩(小さじ1/2)、黒こしょうを加えてよく混ぜる。バットに等に移してしっかり冷ます。

【昭和ポイント】
コロッケのタネは一度よく冷ますことで、揚げた時の爆発を防ぎ、成形もしやすくなる

4.3を12等分に分けて小判型にまとめる。薄力粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をフワッとおさえながらまぶす。
5.エビは尾を残して殻をむき、背ワタを取り除く。腹と背に数か所切り込みを入れる。ホタテと共に塩、黒こしょうを振る。
6.5に薄力粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をフワッとおさえながらまぶす。

【昭和ポイント】
パン粉をフワッと衣につけることで、はねている部分がサクサクとした食感を生む

7.揚げ油を中温に熱し、4、6を中火で揚げる。あまりいじらず揚げ、衣がサクッときつね色になったら油をきって取り出す。
8.タルタルソースを作る。ピクルスはみじん切りにする。玉ねぎはみじん切りにして水に3分さらし、水気をしっかり絞る。
9.ボウルにゆで卵を入れてフォークで刻み、8、マヨネーズ、塩、黒こしょうを加えて和える。
10.コロッケ、エビ&ホタテフライを盛りつけ、キャベツ、トマト、レモン、パセリを添える。タルタルソースや中濃ソースをかけて食べる。

●コンソメスープ
1.ハムは5㎜角に刻み、セロリ、玉ねぎはみじん切りにする。にんじんは細かいみじん切りにする。

【昭和ポイント】
切る具材の大きさを変えることで、同時に炒めはじめることができ、簡単に仕上がる

2.小鍋を熱してオリーブ油をひき、1を入れて強めの中火で炒める。
少ししんなりしたらローリエを加えてザッと炒め、よく混ぜたa)を加えて弱めの中火で10分煮る。途中アクを取る。塩、黒こしょうを加えて味をととのえる。器に盛り、パセリを振る。


男子ごはんのコックコートを商品化したら売れるかな?

sponsored link

Comment

    Archiv

    

    sponsored link