男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#492こだわり丼第9弾!デミグラスビフカツ丼

time 2017/11/06

◇男子ごはん11月5日放送のレシピ

材料

■デミグラスビフカツ丼(2人分)
《ビフカツ》
牛ステーキ肉…350g、塩…小さじ2/3、ナツメグ…小さじ1/2、黒こしょう…適量、溶き卵…1個、薄力粉、生パン粉、揚げ油…各適量

《デミグラスソース》
インゲン…10本、しいたけ…2個(50g)、マッシュルーム…3個(50g)、玉ねぎ…1/2個(150g)
バター…10g
a)
デミグラスソース缶…1缶(290g)、赤ワイン、中濃ソース…各大さじ1、はちみつ…小さじ1、塩…小さじ1/2

《ガーリックバターライス》
温かいごはん…500g、赤唐辛子(小口切り)…小さじ1、にんにく(みじん切り)…1片、バター…15g、塩…小さじ1/2、水…少々

■カブのあっさりスープ(2人分)
カブ…3個、三つ葉…1/2束、かつおだし…600㏄
a)
酒、みりん…各大さじ1、薄口しょうゆ…大さじ1/2、塩…小さじ1/2

作り方

●デミグラスビフカツ丼
1.牛肉は室温に出しておく。

【Simpei’s Point】
ステーキと同じように牛肉は室温に戻しておくことで、短い揚げ時間でも中まで温かくなり美味しく仕上がる

2.デミグラスソースを作る。インゲンはへたを落として塩(少々:分量外)を加えた熱湯で固めに茹で、4㎝長さに切る。マッシュルームは縦薄切りにする。しいたけは軸を落として縦薄切りにする。玉ねぎは縦薄切りにする。
3.フライパンを熱してバターを溶かし、玉ねぎを強めの中火で炒める。しんなりしたらキノコを加えて炒め、油が回ったらa)を加える。たまに混ぜながら中火で5分煮詰める。インゲンを加えてサッと煮る。
4.ガーリックバターライスを作る。
フライパンを熱してバターを溶かし、にんにく、赤唐辛子を弱火で炒める。香りが出てきたらご飯を加えてほぐしながらよく炒める(ほぐれにくかったら水(少々)を加える)。ご飯全体にバターがなじんでほぐれたら塩で調味する。
5.ビフカツを作る。
牛肉に塩、ナツメグ、黒こしょうを振る。薄力粉、溶き卵、パン粉の順につける。フライパンに揚げ油を深さ2㎝入れて180℃に熱し、牛肉を入れて中火で4~5分揚げる。レアに仕上げる。食べやすく切る。

【Simpei’s Point】
・牛肉をナツメグで香りづけすることで、ソースにも負けないビフカツに仕上げる
・ビフカツにはしっかり下味をつけることで、塩分を均一にして、味に一体感を持たせる

6.どんぶりに4を盛って3をかけ、5をのせる。

●カブのあっさりスープ
1.カブは茎を1㎝残し、カブの根から茎に向かって皮を剥く。茎の隙間をよく洗う。縦4等分に切る。三つ葉は根元を落として3㎝幅に切る。
2.鍋に出し汁、カブを入れて火にかけ、5分煮る。a)を加えてひと煮する。三つ葉を加えて火を止める。器によそう。

【Simpei’s Point】
カブは低温からじっくり煮ていくことで、煮崩れせず中まで火が通り、柔らかく仕上がる


↑デミグラスソース缶にローリエ・セットなんかもあるですね

sponsored link

down

コメントする




Comment

    Archiv

    

    sponsored link