男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#503ひらひら柚子こしょう鍋

time 2018/01/24

◇男子ごはん1月21日放送のレシピ

材料

■ひらひら柚子こしょう鍋(3~4人分)
白菜…1/4個、大根…15㎝、油揚げ…1枚、長ねぎ…15㎝、豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)…350g、ゆずの皮…少々、かつおだし…800㏄
a)
みりん、酒、しょうゆ…各大さじ2、柚子こしょう…大さじ1/3~1/2、塩…小さじ1.5

<シメ>
ごはん…1合分(約300g)、ごま油…大さじ1

■ねぎと豚肉の包み焼き(2~3人分)
豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)…8枚、餃子の皮…8枚、万能ねぎ…1束、塩、黒こしょう…各少々、ごま油…適量
a)
酢、しょうゆ、ラー油…各適量

作り方

●ひらひら柚子こしょう鍋
1.白菜は長さを半分に切ってから縦5㎜幅に切る。油揚げはグリルでこんがりと焼いて食べやすい大きさに切る。長ねぎはみじん切りにする。大根は皮をむき、ピーラーで薄切りにする。
2.土鍋にかつおだしを煮立てa)を加え、白菜を加えて煮る。少ししんなりした豚肉の1/3量を広げながら並べ入れる。色が変わってきたら大根の1/3量くらいを加える。油揚げをのせ、長ねぎを振ってゆずの皮を加えて出来上がり。

【Simpei’s Point】
白菜と大根の煮る時間を変えることで、野菜の食感の強弱を楽しむ

3.具材が少なくなってきたら随時足しながら食べる。
4.シメのおこげを作る。フライパンにごま油をひき、ごはんを押さえながら薄く広げる。弱火にかけてじっくりと焼く。たまに返しながら両面をきつね色にカリカリに焼く。
5.鍋の残りの煮汁を火にかけ、おこげを加えてひと煮する。

●ねぎと豚肉の包み焼き
1.万能ねぎは根元を切り落として8㎝長さに切って混ぜて均一にする。豚肉は1枚ずつ片面に塩、黒こしょうを振る。

【Simpei’s Point】
万能ねぎは細い部分と太い部分を混ぜておくことで、焼いたときの火通りを均一にできる

2.万能ねぎの1/8量を豚肉で巻き、さらに餃子の皮で巻く。8個作る。

【Simpei’s Point】
万能ねぎをたくさん巻き込み、豚肉の脂を吸わせることでジューシーな味わいになる

3.熱したフライパンに、ごま油(大さじ1/2)をひき、2の閉じ口を上にして入れ、強めの中火で焼く。焼き目がついたら返して蓋をして中火で焼く。たまに転がしながら全体に焼き目をつける。足りなければごま油(適量)を加える。

【Simpei’s Point】
餃子の皮を外側で焼き上げることで、カリカリな食感が追加されておいしい

4.器に盛ってよく混ぜたa)を添える。


↑余りがちな“ゆずこしょう”

sponsored link

down

コメントする




Comment

    Archiv

    

    sponsored link