男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#513貝を使った春の和定食2018

time 2018/04/12

◇男子ごはん4月8日放送のレシピ

材料

■新たけのこの炊き込みごはん(2~3人分)
新たけのこ(茹でたもの)…150g、米のとぎ汁…適量、米…2合
a)
かつおだし…310㏄、酒、みりん…各大さじ1、薄口しょうゆ…小さじ2、塩…小さじ1/2

木の芽…適量

■アサリのお吸い物(2~3人分)
アサリ(砂抜き済)…270g、酒…大さじ1、昆布…6㎝、水…600㏄
a)
薄口しょうゆ…小さじ2、みりん…大さじ1/2、塩…小さじ1/2

三つ葉…適量

■焼き豆腐のアサリあんかけ(2~3人分)
絹豆腐…2丁、アサリ(砂抜き済)…200g、椎茸…2個、片栗粉…適量
a)
かつおだし…150㏄、しょうゆ…大さじ2、みりん、酒…各大さじ1、片栗粉…小さじ2、砂糖…小さじ1

ごま油…大さじ1、サラダ油…適量、しょうが(おろしたもの)…適量

作り方

●新たけのこの茹で方
1.新たけのこ(1本)は、頭は斜めに切り落とし、実のギリギリまで縦に切り込みを入れる。下の部分は十字に切り込みを入れる。鍋にたけのこ、かぶるくらいの米のとぎ汁を入れて強火にかける。沸いてきたら火を弱めて70分くらい茹でる。竹串がスーッと通ったら常温になるまでそのまま冷ましたら、皮を柔らかい実が出るまでむく。

●新たけのこの炊き込みごはん
1.新たけのこは、3㎝長さの縦薄切りにする。
2.炊飯釜に米、a)、新たけのこを入れて普通に炊く。器に盛って木の芽をのせる

●アサリのお吸い物
1.鍋に水、昆布を合わせて30分おく。アサリを加えて火にかける。三つ葉は食べやすい大きさに切る。沸いてきたら酒を加えてアクをとりながら煮る。アサリの口が全て開いたらa)を加えて調味する。器によそって三つ葉をのせる。

【Simpei’s Point】
・アサリを水から火にかけ、じんわり火を通すことで身が縮まるのを防ぐ
・アサリと昆布だしの旨みのみで、アサリ本来の味を楽しむ仕上がりに

● 焼き豆腐のアサリあんかけ
1.絹豆腐はザルにのせ、皿などの重しをのせて15分おき、水切りをする。
2.a)をよく混ぜる。
3.小さめの鍋を熱してごま油をひき、アサリを入れて強火で炒める。油が回ったら再度よく混ぜたa)を加えて煮詰める。アサリの口が開いてとろみがついたら火を止める。
4.しいたけは軸を切り落とす。豆腐を横3~4等分に切って全体に片栗粉をまぶす。フライパンを熱してサラダ油(大さじ1)をひき、豆腐を並べる。空いているところにしいたけを並べる。中火でじっくり揚げ焼きする。豆腐は焼き目がついたら返して、全面をじっくり揚げ焼きする。油が少なくなったら油を足す。
5.器に4を盛って3をかけ、おろししょうがを添える。


↑木製お盆があると定食らしさが増しますね(^^

sponsored link

down

コメントする




Comment

    Archiv

    

    sponsored link