男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#528お家で簡単!夏のイタリアン

time 2018/07/25

◇男子ごはん7月22日放送のレシピ

材料

■らっきょうのタリアータ(3~4人分)
牛もも肉(かたまり)…290g、らっきょう…5個、みょうが…1個、クレソン…1/2束、塩…小さじ1/2、黒こしょう、オリーブ油…各適量、パルミジャーノ・レッジャーノ…適量

■夏野菜のパセリソース(2~3人分)
トマト…中2個、オクラ…1袋(8本)、パセリ…2枝(15g)、マッシュルーム…2個
a)
レモン汁…大さじ1、オリーブ油…大さじ1.5、白いりごま…大さじ1/2、塩…小さじ1/2

オリーブ油、塩、黒こしょう…各適量

■ぶつ切り魚介のペンネトマトソース(3~4人分)
メカジキ…3切れ(200g)、むきエビ…100g
a)
ホールトマト(ダイス)…1缶、白ワイン…大さじ1

赤唐辛子…2本、にんにく…1片、オリーブ油…適量、バジル…4~5枚、ペンネ…250g、片栗粉、塩、黒こしょう、パルミジャーノ・レッジャーノ…各適量

作り方

●らっきょうのタリアータ
1.らっきょう、みょうが、クレソンはみじん切りにする。

【Shimpei’s Point】
クレソンをみじん切りにすることで、薬味としても使えてさっぱり食べられる

2.牛肉は手で軽く叩き、塩、黒こしょうを振り、下味をつける。
3.グリルパンをよく熱してオリーブ油(大さじ1)を引き牛肉を入れて強火で焼きつける。返しながら前面に焼き目をつけたらアルミホイルに包んで10~15分くらい落ち着かせる。
4.3をそぎ切りにして器に美しく盛り付け、らっきょう、みょうがを散らす。さらにオリーブ油(適量)をかけて、クレソンを散らす。黒こしょうを振り、パルミジャーノ・レッジャーノを削りいれる。

●夏野菜のパセリソース
1.トマトは湯むきをして2㎝角に切る。オクラはガクを切り落とし、塩(少々)で板ずりをする。塩(少々)を加えた熱湯で固めに茹で、流水で洗って冷ます。ヘタを取り、1㎝角の小口切りにする。マッシュルームは縦薄切りにする。
2.パセリはみじん切りにしてボウルに入れトマト、オクラ、a)を加えて和える。
3.器に盛ってマッシュルームをのせオリーブ油を回しかけて、黒こしょうを振る。

●ぶつ切り魚介のペンネトマトソース
1.むきエビは背開きにして背ワタを取り除き大きければ3等分に切る。メカジキは1.5㎝角に切り、塩(小さじ1/2)黒こしょうを振り下味をつけてから片栗粉を薄くまぶす。にんにくは縦半分に切る。バジルは細切りにする。
2.フライパンを熱してオリーブ油(大さじ2)を引き、メカジキを入れて強火で揚げ焼きする。(油が足りなかったら適量足す)全体に焼き目がついたらエビを加えてザッと炒める。

【Shimpei’s Point】
メカジキとペンネは一緒に煮こまず、最後に合せることにより一体感が出て美味しく仕上がる

3.別のフライパンを熱してオリーブ油(大さじ1)を引き、にんにくを中火で炒める。香りが出てきたらa)、へたを取ってちぎった赤唐辛子を種ごと加えて中火で、2/3量くらいになるまで7~8分煮詰める。塩(小さじ1/2)加えて混ぜる。
4.ペンネはオリーブ油(大さじ1)・塩を加えた熱湯で、袋の表示通りに茹でる。茹で上がったら3に加え、さらに2、塩(適量)を加えて和える。
5.器に盛ってバジルをのせ、おろしたパルミジャーノ・レッジャーノをかける。


↑はるみブランドのグリルパン

sponsored link

down

コメントする




Comment

    Archiv

    

    sponsored link