男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#530絶品エスニック!ナシゴレン&サテ

time 2018/08/10

◇男子ごはん8月5日放送のレシピ

材料

■サンバルメラ
ホールトマト(ダイス)…1缶、しょうが…15g、にんにく…15g、赤唐辛子(生)…大4本(50g)、オキアミ(塩漬け)…60g、パクチー…1束(10~15g)、オリーブ油…小さじ1、塩…小さじ1/3

■ケチャップマニス
三温糖…100g、穀物酢…150㏄、しょうゆ…200㏄、みりん…100㏄、コリアンダーパウダー…小さじ1、しょうが…大1片分

■サテ(2人分)
鶏もも肉…1枚(300g)、塩…小さじ1/3、ケチャップマニス…大さじ2、オリーブ油…大さじ1/2、ピーナッツバター…50g

■ナシゴレン(2人分)
鶏もも肉…150g、むきエビ…100g、玉ねぎ…1/4個(50g)、ピーマン…2個、温かいジャスミンライス…450g、オリーブ油…適量、サンバル…大さじ1、ケチャップマニス…大さじ2、ナンプラー…大さじ1/2、レモングラス…3-5本、卵…2個、塩、黒こしょう…各適量、きゅうり(斜め薄切り)、トマト(くし形に切ったもの)…各適量、赤ピーマン(輪切り)、レタス、えびせん(揚げたもの)…各適量

作り方

●サンバルメラ
1.しょうが、にんにく、赤唐辛子、パクチーは粗く刻む。小鍋にオキアミを入れて火にかけてザッと加熱する。

【Shimpei’s Point】
日本のスーパーで簡単に購入できるオキアミを使って本格的に仕上げる

2.フードプロセッサーに1を入れてなめらかになるまでかける。
3.鍋にオリーブ油を熱して2を炒め、水分が飛んだらホールトマトを入れる。中火にかけてたまに混ぜながら5分煮詰める。塩を加え、味を調える。

●ケチャップマニス
1.しょうがは潰す。小鍋に全ての材料を合わせて10分煮詰める。半量くらい煮詰まったら火を止めて冷ます。

【Shimpei’s Point】
・日本のスーパーで簡単に購入できる、三温糖と穀物酢を使って本格的に仕上げる
・酢は最初に入れて少しさんみを飛ばすことで、本場の味に近づく

●サテ
1.鶏肉は3㎝角切り、塩を振る。4等分に分けて竹串に刺す。バットに並べ、ケチャップマニスを加えてもみこむ。
2.フライパンを熱してオリーブ油をひき、1を並べて蓋をして弱めの中火でじっくり焼く。たまに返しながら焼き、フライパンに調味料の焦げがついてきたらキッチンペーパーでふき取る。焼き上がったら1の漬けだれを加えて炒め合わせる。器に盛り、ピーナッツバターを添える。

●ナシゴレン
1.鶏肉は1㎝角に切って塩(小さじ1/3)、黒こしょうを振る。エビは背ワタを取り除く。玉ねぎはみじん切りにし、ピーマンは大きめのみじん切りにする。
2.フライパンを熱してオリーブ油(大さじ1/2)を引き、鶏肉を入れて強火で炒める。鶏肉の色が変わったら玉ねぎ、ピーマン、レモングラスを加えて炒める。油が回ったらご飯を加えてほぐしながら炒める。
3.ご飯がパラッとしてきたらむきエビ、サンバル、ケチャップマニス、ナンプラー、塩(小さじ1/3)を加えて炒め合わせる。
4.別の小鍋を熱してオリーブ油(適量)を引き、卵を割り入れ目玉焼きを作る。
5.器に3を盛って目玉焼きをのせる。レタスの上にサテをのせ、ピーナッツバターを添える。きゅうり、トマト、赤ピーマン、えびせん、サンバル、ケチャップマニスを添える。


↑インドネシアのビンタン・ビール

sponsored link

down

コメントする




Comment

    Archiv

    

    sponsored link