男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#565春の定番祭り第一弾! 丼モノ3品

time 2019/04/10

◇男子ごはん4月7日放送のレシピ

材料

●牛丼(1人分)
牛肩ロース肉(しゃぶしゃぶ用)…150g、玉ねぎ…1/2~1個(150g)
a)
水…200㏄、めんつゆ(3倍濃縮)…50㏄、みりん…大さじ1、砂糖…大さじ1/2

紅しょうが、七味唐辛子…各適量、温かいごはん…1人分

●鶏そぼろ丼(2人分)
《鶏そぼろ》
鶏ももひき肉…250g
a)
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2、砂糖…小さじ1、酒、水…各大さじ1

《卵そぼろ》
卵…2個、砂糖…大さじ1.5、みりん…小さじ1、絹さや…4~5枚、温かいごはん…2人分、塩…少々

●親子丼(1人分)
鶏もも肉…100g、玉ねぎ…小1/2個(100g)、三つ葉…適量、卵…1個
a)
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1.5、水…大さじ3、みりん…大さじ1/2
b)
水、片栗粉…各小さじ1/2

温かいごはん…1人分

作り方

■牛丼
1.玉ねぎは縦半分に切ってから縦5㎜厚さに切る。
2.鍋にa)を合わせて火にかけ、牛肉を加える。沸いてきたら中火でアクを取りながら5分煮る。さらに玉ねぎを加えて10分煮る。たまに混ぜる。

【Shimpei’s Point】
玉ねぎを時間差で煮ることで、具材のやわらかさを調整する

3.器にごはんを盛って2を汁ごとかけて、紅しょうがを添える。好みで七味唐辛子を振る。

■鶏そぼろ丼
1.鶏ぞぼろを作る。フライパンを熱して油をひかずに、鶏ひき肉を入れてほぐしながら強火で炒める。
色が変わってきたらa)を加えて炒め合わせる。
2.卵そぼろを作る。ボウルに卵を溶き、砂糖、みりんをよく混ぜて、フライパンに入れる。(※フッ素加工のフライパンの場合)菜箸でグルグル混ぜながらそぼろ状に加熱する。
3.絹さやはヘタと筋を取り、塩(少々)加えた熱湯でサッと茹でる。色が変わったら流水で洗って粗熱を取り、水気をきる。斜め千切りにする。
4.器にごはんを盛って1、2をかけ、3をのせる。

■親子丼
1.鶏肉は一口大の厚めのそぎ切りにする。玉ねぎは縦5㎜厚さに切る。卵は溶く。b)を混ぜる。
2.小さめのフライパンにa)、鶏肉を入れて蓋をして強めの中火で3分煮る。玉ねぎを加えて鶏肉を上にのせるようにして中火で煮る。玉ねぎがしんなりしたら、b)の水溶き片栗粉を加えて素早く混ぜとろみをつける。

【Shimpei’s Point】
片栗粉を加えてだし汁にとろみをつけてから、卵を加えるとふんわりした食感に仕上がる

3.溶き卵を回し入れて蓋をして弱火で30秒加熱する。

【Shimpei’s Point】
親子丼は鶏肉から旨味がすぐ出るので、蓋をして水分を飛ばさずに仕上げる

4.器にご飯を盛って3をのせる。刻んだ三つ葉をのせる。

【心平’s 料理のすすめ】
・お米をとぐ時は指をくしのように固定してかき混ぜるようにして少量の水で研ぐ
・料理をするときは、始める前に完成のイメージを決めてから作ることが大事
・味見をして料理の過程を知ることで、味の完成形が具体的にイメージできる

↑今回は初心者向けなので、親子鍋は登場しませんでしたね。

sponsored link

down

コメントする




Comment

    Archiv

    

    sponsored link