男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#567春の定番祭り第二弾!パスタ3品

time 2019/04/22

◇男子ごはん4月21日放送のレシピ

材料

●ミートソース(1人分)
スパゲッティーニ…100g、塩、オリーブ油…各適量、粉チーズ…適量

≪ソース(2人分)≫
合いびき肉…250g、にんじん…1/3本(60g)、玉ねぎ…1/4個(60g)、マッシュルーム…2~3個(50g)、にんにく…1片、オリーブ油…大さじ1/2、赤ワイン…大さじ1、トマトの水煮缶(ダイス)…1缶、塩…小さじ2、黒こしょう…適量

●カルボナーラ(1人分)
リングイネ…100g、ベーコン…50g、にんにく…1/2片、白ワイン…大さじ1
a)
パルミジャーノ・レッジャーノ…20g、卵黄…2個、生クリーム…75㏄、塩…小さじ1/4、黒こしょう…たっぷり

オリーブ油、塩、黒こしょう…各適量

●豚と小松菜の和風しょうゆパスタ(1人分)
スパゲッティーニ…100g、豚肩ロース肉(薄切り)…100g、小松菜…50g、にんにく…1/2片
サラダ油…小さじ1、バター…10g、しょうゆ…大さじ1/2、オリーブ油、塩、黒こしょう…各適量

作り方

■ミートソース
1.ソースを作る。にんじん、玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。マッシュルームは縦薄切りにする。
2.フライパンを熱してオリーブ油を引き、にんにくを中火で炒める。香りが出てきたら合いびき肉を加えてほぐしながら強火で炒める。肉の色が変わったらにんじん、玉ねぎを加えて炒める。
3.少ししんなりしたら赤ワインを加えてザッと炒め、トマトの水煮を加えて強めの中火で煮詰める。水分が少なくなってきたらマッシュルームを加えてひと煮し、塩、黒こしょうを加えて調味する。

【Shimpei’s Point】
肉と野菜はトマトと一緒にじっくり煮詰めることで本格的に仕上がる

4.スパゲッティーニは塩、オリーブ油(各適量)を加えた熱湯で茹で、表示時間通りに茹でる。
5.茹で上がった4を器に盛り、半量の3をかけ、粉チーズを振る。

■カルボナーラ
1.ベーコンは細切りにする。にんにくはみじん切りにする。パルミジャーノ・レッジャーノはすりおろす。
2.リングイネは塩、オリーブ油(各適量)を加えた熱湯で表示時間より1分半短めに茹でる。
3.ボウルにa)を混ぜておく。
4.フライパンを熱してオリーブ油(小さじ1)を引き、ベーコン、にんにくの順に中火で炒め、白ワイン、塩(小さじ1/5)を加えてザッと炒め合わせる。

【Shimpei’s Point】
パスタの茹で上がり(残2分)を逆算して具材と合わせることでベストの仕上がりになる

5.茹で上がったパスタを4に加えて炒め合わせる。3に加えてザッとからめる。

【Shimpei’s Point】
パスタをソースのボウルに移して絡めることで、ダマになるのを防げる

6.器に盛って黒こしょうを振る。

■豚と小松菜の和風しょうゆパスタ
1.小松菜は根元を切り落として4㎝長さに切る。豚肉は一口大に切り、塩(1つまみ)、黒こしょうを振る。
にんにくは横薄切りにする。
2.スパゲッティーニは塩、オリーブ油(各適量)を加えた熱湯で表示時間通りに茹でる。
3.フライパンを熱してサラダ油を引き、にんにく、豚肉を加えて強火で炒める。肉の色が変わったら小松菜を加えて中火で炒める。
4.茹で上がった2、バターを加えて炒め合わせる。しょうゆで調味する。器に盛って黒こしょうを振る。

【心平’s 料理のすすめ】
・パスタはソースと合わせたあとも火が通るので、表示時間より短めに茹でた方がよい
・茹で汁にオリーブ油を加えることで、パスタ同士がくっつくのを防げる
・にんにくをみじん切りにするとき、片方をギリギリまで残した状態で縦と横に切り込みを入れる
・パスタは捻りながら盛り付けると、見栄えよく仕上がる


↑男子ごはんの本 その11

sponsored link

down

コメントする




Comment

    Archiv

    

    sponsored link