男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#597秋のBBQ!豚肩ロースの塩釜焼き&刺身の燻製

time 2019/11/18

◇男子ごはん11月17日放送のレシピ

材料

●豚肩ロースの塩釜焼(4人分)
豚肩ロース(ブロック)…500g、ローズマリー…3本、塩 …1kg、卵白…2個分、黒こしょう…適量

《ソース》
バルサミコ酢…適量

●刺身の燻製(2~3人分)
刺身用のサク(サーモン、鯛、大トロ)…各1本、桜チップ…5g

《カルパッチョ》
オリーブオイル…適量、ベビーリーフ…適量、岩塩、黒こしょう…各適量

《刺身丼》
ごはん…適量、しょうゆ、わさび…適量

●ホットサンドメーカーで作る男前朝食(1人分)
バゲット…適量、キャベツ…ひとつかみ、コンビーフ…適量、黒こしょう…適量、マスタード、マヨネーズ…適量

作り方

■豚肩ロースの塩釜焼
1.ボウルに塩と卵白を入れて手でクリーム状になるまでかき混ぜる。
2.豚肩ロース肉は黒こしょうで下味をつける。
3.ダッチオーブンにアルミホイルを敷いて、その上に1の1/3量を均一になるよう入れる。ローズマリー(2本)、2、ローズマリー(1本)の順に置いてから、残りの1をドーム状にのせる。

【A-suke’s Point】
アルミホイルを敷くことで後片付けが楽になる

4.ダッチオーブンに蓋をして炭火焼きにする。フタの上に炭を全体の6割くらいのせて、30分~40分程度火にかける。
5.バルサミコソースを作る。小鍋にバルサミコ酢を入れ、5~10分中火で煮詰める。
6.固くなった塩釜を割って肉を取り出し、食べやすい大きさに切って器に盛る。バルサミコソースを添える。

■刺身の燻製
1.燻製器に桜チップを入れる。網の上に、刺身用のサクを並べる。アルミホイルで皿を作り、オリーブ油加え、網の上にのせる。強火にかけ煙が出てきたら蓋をして、2分燻す。サクは取り出しクーラーボックスで冷やす。再び燻製器に蓋をして、オリーブ油をさらに3分燻す。

【A-suke’s Point】
サクのまま燻すことで、中まで熱が加わらず、風味だけを加える

2.冷やしたサクは食べやすい大きさに切る。
3.カルパッチョを作る。2の半量を器に盛りつけ、岩塩、黒こしょうを振り、1のオリーブ油を回しかける。ベビーリーフを添える。
4.刺身丼を作る。器にごはんを盛り、2の半量を盛りつける。わさび、しょうゆをつけていただく。

■ホットサンド
1.キャベツ、コンビーフは手で細かくちぎる。ホットサンドメーカーにコンビーフ、キャベツを入れる。黒こしょうを振る。5分ほど加熱する。
2.バゲットに切り込みを入れ、マスタードとマヨネーズを塗り、1を挟む。食べやすい大きさに切る。


↑「ヘキサゴンウッドストーブ」(左)「男前グリルプレート」(右)

sponsored link

down

コメントする




Archiv



sponsored link