男子ごはんの人気レシピ【モバイル版】おかわり

「男子ごはん おかわり」のモバイル版。人気レシピを中心に。ケンタロウ時代のレシピも

#600チャーハン&餃子をイタリアン風に

time 2019/12/10

◇男子ごはん12月8日放送のレシピ

材料

●トマチー餃子(3~4人分)
餃子の皮(大判)…1袋、トマト…1個、豚ひき肉…200g、マッシュルーム…2個、玉ねぎ…1/4個、ピザ用チーズ…50g
a)
片栗粉…小さじ1、塩…小さじ1/2、黒こしょう…たっぷり

オリーブ油…適量、水…適量、レモン(くし形)…適量

●イタリアンチャーハン(2人分)
《チャーハン》
ごはん…400g、エビ…小12尾(150g)、玉ねぎ…1/4個、にんにく(みじん切り)…1片分、オリーブ(黒、種なし)…5個、アンチョビ…10g、バジル…1パック(15g)、赤唐辛子(小口切り)…小さじ1、オリーブ油…大さじ1.5、バルサミコ酢…大さじ1、塩、黒こしょう…各適量

《トマトソース》
ナス…1本、マッシュルーム…2個(40g)、ベーコン…2枚(30g)、にんにく(みじん切り)…1片分、ホールトマト(ダイス)…1缶、オリーブ油…適量、塩、黒こしょう…各適量

パルミジャーノ・レッジャーノ…適量

作り方

■トマチー餃子
1.トマトは1.5㎝角に切る。

【Shinpei’s Point】
トマトを大きめに切ることで、トマトのジューシーさを楽しめる

2.マッシュルームは縦薄切りにし、玉ねぎはみじん切りにしてボウルに入れ、豚ひき肉、ピザ用チーズ、a)を加えて具材をつぶしながらよく混ぜる。
3.餃子の皮の縁にグルリと水をつけ、皮の片側に2、トマトをのせて包むように半分に折ってピッチリ閉じる。

【Shinpei’s Point】
タネを多く入れたいので、ヒダをつけない

4.フライパンに3を6個並べ、オリーブ油(大さじ1)を加えて強火にかける。水を50㏄加え、蓋をして蒸し焼きにする。水分が無くなって裏にしっかり焼き目がついたら、焼き目を上にして皿に取り出す。残りも同様に焼く。
5.器に盛ってレモンを添える。

■イタリアンチャーハン
1.トマトソースを作る。
ナスは縦に1㎝角の棒状に切ってから2㎝長さに切る。マッシュルームは縦薄切りにする。ベーコンはみじん切りにする。
2.フライパンを熱してオリーブ油(大さじ1)をひき、ナスを加えて強めの中火で炒める。ナスが油を吸ったら、オリーブ油(小さじ1)を足す。ナスに半分くらい火が通ったら、にんにく、マッシュルーム、ベーコンを加えて炒める。
3.具材がしんなりしてきたら、ホールトマトを加えて蓋をして中火で5分煮詰める。
4.仕上げに、オリーブ油(大さじ1)、塩(小さじ1/2)、黒こしょうを加えて混ぜる。
5.チャーハンを作る。エビは殻をむいて、背ワタがあれば取り除き、塩(1つまみ)、黒こしょうを振る。アンチョビ、バジル、玉ねぎはみじん切りにする。オリーブは輪切りにする。
6.フライパンを熱してオリーブ油をひき、にんにく、赤唐辛子、アンチョビを加えて強めの中火で炒める。香りが出てきたら玉ねぎを加え、油が回ったらご飯を加えて切るように炒め合わせる。ごはんに油が回ったらエビ、オリーブを加えて炒める。
7.エビに火が通ったら塩(小さじ1/2)、黒こしょうを振り、バジルを加えて炒め合わせる。仕上げにバルサミコ酢を鍋肌に加えてから炒め合わせる。
8.器に4のトマトソースをしく。
お椀に7を詰めてひっくり返すようにしてソースの上に盛り、パルミジャーノ・レッジャーノを削る。


↑放送600回を記念して「祝樽ビッグ」

sponsored link

down

コメントする

Archiv



sponsored link