男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に。ケンタロウ時代のレシピも

#610ご当地シリーズ第9弾 岡山県

time 2020/02/24

◇男子ごはん2月23日放送のレシピ

材料

●心平流えびめし(2人分)
むきえび…150g、塩…小さじ1/3、黒こしょう…適量、片栗粉…小さじ2、いんげん…6本、レタス…大3枚、にんにく…1片、温かいごはん…400g、ラード…大さじ1.5
a)
ウスターソース…大さじ3、オイスターソース…大さじ1/2、カレー粉…小さじ2、砂糖…小さじ1、鶏がらスープの素(半練り)…小さじ1/2

≪カラメルソース≫(作りやすい分量)
砂糖…25g、水…大さじ3

●チーズデミグラスカツ丼(2人分)
豚ロース薄切り肉…8枚(320g)、ピザ用チーズ…大さじ4
a)
卵…1個、薄力粉…大さじ1

パン粉(細かめ)、揚げ油…各適量、キャベツ…1/8個(140g)、温かいごはん…2人分、塩、黒こしょう、グリーンピース…各適量

≪デミグラスソース≫
デミグラスソース缶…1缶、赤ワイン…大さじ1、中濃ソース、ケチャップ…各大さじ1/2

作り方

■心平流えびめし
1.カラメルソースを作る。小鍋に砂糖と水(大さじ1)を入れて混ぜ、中火にかける。色づいてきたら小鍋をゆすりながら濃い茶色になるまで加熱する。火を止めて水(大さじ2)を加えて混ぜる。

【Shinpei’s Point】
カラメルソースは、調味料として使いやすい水分量(粘度)になるよう気をつける

2.いんげんは塩(少々:分量外)を加えた熱湯で固めに下茹でし、水にとって冷ましてから、へたを取って3㎝長さに切る。レタスは大き目の一口大にちぎる。にんにくは薄切りにする。a)を混ぜる。
3.むきえびは洗って水気を拭き、背ワタがあれば取る。塩、黒こしょうを振ってから片栗粉をまぶす。
4.フライパンを熱してラード(大さじ1)を入れて溶かし、えびを強火で炒める。色が変わったら取り出す。
5.ラード(大さじ1/2)を足し、にんにくを中火で炒める。少し色づいてきたらレタスを加えてザッと炒め、ご飯を加えてフライパンに焼き付けるように広げてから、ほぐしながら炒める。油が回ったらいんげんを加え、a)をフライパンの脇に加えて少し加熱してから全体を炒め合わせる。全体に調味料がなじんだらえびを戻し入れ、カラメルソース(大さじ1)を加えてザッと炒める。

■チーズデミグラスカツ丼
1.デミグラスソースを作る。小鍋にデミグラスソース缶を入れて中火にかけ、フツフツしてきたら赤ワイン、中濃ソース、ケチャップを加えて混ぜながらひと煮する。
2.キャベツは大き目の一口大のざく切りにし、塩(少々)を加えた熱湯でサッと茹でる。流水で粗熱を取って水気を切る。
3.まな板に塩、黒こしょうをかける。豚肉をひろげ、2枚一組にする。間にピザチーズ(大さじ1)をはさみ、チーズが出ないように肉の縁を押さえながらピッチリと閉じる。上から塩、黒こしょうを振る。4組作る。
4.3によく混ぜたa)をからめてパン粉をしっかりまぶす。
5.揚げ油を熱して4を入れて中火で揚げ焼きにする。キツネ色になったら油をきって取り出す。食べやすく切る。

【Shinpei’s Point】
少ない油で揚げ焼きにするメリットは、中のチーズが漏れにくいこと

6.どんぶりにご飯を盛ってキャベツ、5をのせ、デミグラスソースをかけてグリーンピースをのせる。


↑【裏トーク】岡山の知られざるソウルフードの1つ「シガーフライ」

sponsored link

down

コメントする

Archiv



sponsored link