男子ごはん おかわり【モバイル版】

「男子ごはん」ファンブログのモバイル版。過去レシピを中心に

#613お持ち帰りレシピ・スペインおつまみ

time 2020/03/17

◇男子ごはん3月15日放送のレシピ

材料

●チキンクロケット(2~3人分)
鶏ささみ肉…300g、じゃがいも…1個(300g)
a)
水…300㏄、白ワイン…大さじ1、にんにく…1片、ローリエ…1枚

生クリーム…大さじ3、塩…小さじ2/3、黒こしょう…適量

b)
卵…1個、薄力粉…大さじ1

パン粉(細かめ)、揚げ油…各適量、イタリアンパセリ(みじん切り)…適量

●イワシの酢漬け(2~3人分)
イワシ(刺身用、3枚おろしにしたもの)…4尾、塩…小さじ1/2
a)
すし酢…大さじ4、砂糖…小さじ2

新玉ねぎ、ミニトマト、緑オリーブ(種なし)、オリーブ油…各適量、イタリアンパセリ…適量

●豚ひきバーグとチーズのピンチョス(2人分)
a)
豚ひき肉…200g、ディル…2本、薄力粉…小さじ1、塩…小さじ1/3、黒こしょう…適量

スライスチーズ(溶けるタイプ)…2枚、フルーツトマト…1個、バゲット(厚さ1.5cm斜め切りのもの)…2枚、ディル…適量

作り方

■チキンクロケット
1.ささみは筋を取る。じゃがいもは皮を剥いて3㎝角に切る。
2.鍋にa)、ささみを入れて中火にかける。沸いてきたら蓋をして10分煮る。

【Shinpei’s Point】
一緒に煮ることで鶏から出た旨味をじゃがいもに染み込ませる

3.蓋を取ってじゃがいもを加え、さらに途中混ぜながら10分煮る。ローリエを取り出す。水分が無くなってきたら火を止めて、ささみとじゃがいもをマッシャー等で潰す。
4.生クリーム、塩、黒こしょうを加えてよく混ぜ合わせる。バットに移して常温または冷蔵庫で冷ます。俵型にまとめる。
5.b)を混ぜて4をからめ、パン粉を押さえながらしっかりつける。
6.フライパに揚げ油を中温(180℃)に熱し、5を入れて中火で揚げる。きつね色になったら取り出す。
7.器に盛ってイタリアンパセリをちらす。

■イワシの酢漬け
1.イワシは塩を振って10分~15分おく。出てきた水分を拭き、バッドに並び入れる。
2.よく混ぜたa)を、1に加えてラップをする。そのまま20分漬ける。少しイワシが白くなったら、取り出して縦3等分に切る。

【Shinpei’s Point】
・すし酢+砂糖で甘さアップ
・漬けすぎると生感がなくなるので、冷蔵庫で20分がベスト

3.新玉ねぎは縦薄切りにする。ミニトマトはヘタを取り、縦4等分に切る。緑オリーブは半月切りにする。
4.器に2、3を盛り付け、オリーブ油を回しかけ、みじん切りにしたイタリアンパセリをちらす。

■豚ひきバーグとチーズのピンチョス
1.フルーツトマトは横半分に切り、バゲットはトーストする。
2.a)のディルは茎ごとみじん切りにする。ボウルにa)を入れて手でよく混ぜ合わせて4等分にする。
3.2の肉ダネをバゲットの断面の大きさに合わせてまとめながら、フライパンに並べて中火にかける。焼き目がついたら返す。肉ダネ2個の上に、スライスチーズを1枚ずつ折ってのせて、蓋をして焼く。チーズが溶けて少し焼き目がついたら、チーズがのってない肉ダネを上に重ねる。

【Shinpei’s Point】
チーズを焦がすのがポイント

4.器にバゲット、3、トマトを重ねて盛り、ピンチョスの串を刺してちぎったディル(適量)を飾る。


↑お酒を気体で楽しめる新感覚グッズ「エアクフォリック(台湾)」。

sponsored link

down

コメントする




Archiv



sponsored link