男子ごはんの人気レシピ【モバイル版】おかわり

「男子ごはん おかわり」のモバイル版。人気レシピを中心に。ケンタロウ時代のレシピも

#647イノッチと絶品おつまみを楽しもう

time 2020/11/08

◇男子ごはん11月8日放送日のレシピ

イノッチとおつまみ

材料

《井ノ原快彦レシピ》
●このキムチ、納豆くいかない(納豆キムチの油揚げ挟み焼き)(作りやすい分量)
キムチ…40g、納豆…1パック(100g)、ピザ用チーズ…20g、長ねぎ…7㎝、油揚げ…2枚、ごま油…大さじ1/2、しょうゆ…少々、大根おろし…適量

●やっぱ卵焼きでショウガ(紅ショウガの卵焼き)(作りやすい分量)
紅ショウガ…30g
a)
卵…4個、かつおだし…大さじ2、太白ごま油、みりん…各小さじ1、砂糖…小さじ1/2、塩…少々

太白ごま油…適量

《リクエスト料理(心平レシピ )》
●アラビアータ(2人分)
パスタ(フェデリーニ)…150g、にんにく…3片、玉ねぎ…30g、ホールトマト(ダイス)…1缶(400g)、赤唐辛子…2本、白ワイン…大さじ1、塩、オリーブ油、パセリ(みじん切り)…各適量

作り方

■納豆キムチの油揚げ挟み焼き
1.油揚げは半分に切って袋状にあける。
2.キムチは刻んで、長ねぎはみじん切りにしてボウルに入れ、納豆、ピザ用チーズ、ごま油を加えて和える。1に詰める。

【Inocchi’s Point】
キムチを刻んで挟むと食べやすくなる

3.フライパンに油を引かずに2を並べ弱火で両面に焼き目がつくように返しながらじっくり焼く。半分に切って器に盛り、大根おろしをのせて醤油をたらす。

【Inocchi’s Point】
焦げ目がつかないように、弱火でじっくり焼く

■紅ショウガの卵焼き
1.紅ショウガは刻む。ボウルにa)を混ぜ、紅ショウガを加えてよく混ぜる。
2.卵焼き器を熱して太白ごま油(小さじ1)をひく。1の少量を流し入れ薄くのばす。フライ返しや菜箸を使って向こう側から手前にパタンパタンと折る。
3.2を向こう側にずらし、空いたところに1の1/4量を流し入れ、2を持ち上げて2の下にも行き渡るようにする。卵液の表面が乾き始めたら2を軸にしてパタンパタンを巻いていく。同様に繰り返しながら焼く(途中太白ごま油(少々)を足す)。仕上げに全体を四角く焼き固める。

【Inocchi’s Point】
火加減!!

4.まな板に取り出し、食べやすい大きさに切って器に盛る。

■アラビアータ
1.にんにくは横薄切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンを熱してオリーブ油(大さじ3)をひき、にんにくを入れて弱火で加熱する。薄いきつね色にカリカリになるまで揚げ焼きする。
3.別のフライパンにオリーブ油(大さじ1)を熱してホールトマト、白ワイン、ちぎった赤唐辛子を種ごと加え、蓋をしてたまに混ぜながら強めの中火で5分煮詰める。2/3くらいまで煮詰めたら玉ねぎを加えてひと煮し、塩(小さじ2/3)、2を油ごと加えて混ぜる。

【Shimpei’s Point】
・トマトソースとガーリックオイルを分けて作り、最後に合せることでにんにくの風味が強くなる
・トマトソースができる少し前に、玉ねぎを加えることで複雑な味わいになる

4.鍋に湯を沸かしてオリーブ油と塩(各適量)を入れて混ぜ、フェデリーニを加えて表示時間より1分短く茹でる。
5.茹で汁を切った4を3に加えてザっと和える。器に高さをつけながら盛って、パセリをちらす。

sponsored link

down

コメントする

Archiv



sponsored link