男子ごはんおかわり【モバイル版】

「男子ごはん おかわり」のモバイル版。人気レシピを中心に。ケンタロウ時代のレシピも

【#650裏トーク】カラフル・インスタントカレー

time 2020/11/30

◇テレビ東京・11月29日放送日

太一:さあ、心平ちゃん、最近レトルトカレーがすごいことになってるらしいですよ。
心平:すごいこと?
太一:うん。地方なんか行けばね、オリジナルのものがありますけどもね。今回の裏トークはですね、色々な色をしたカラフル・レトルトカレーをご紹介ということで…
心平:不安しかないですね。
太一:(笑)

ということで、世にも珍しい絶品カラフル・レトルトカレーを3品ご紹介します♪
まずは、一品目。

心平:おー。
太一:何色?
心平:なんかでも…、黒って言うんですか?

【のりクロ 黒カレー】(福岡県)
九州・有明海産の有明海苔の中で、最も風味が良いとされる海苔だけをブレンドした、海苔の風味を楽しめる一品。

太一:でも、色は海苔の色だったんですね、これはね。
心平:(ライスとルーを取り分ける)イカ墨かと思いましたね。
太一:うん。海苔だって、強いよね、香りは。
心平:ですよね。
太一:完全にカレーですね。いただきます(パクリ)辛いっ。
心平:結構辛いですね。
太一:辛いですね。後味、ちょっと磯っぽいのかな?
心平:入り口かな、どっちかって言うと…
太一:入り口か。風味がいいと言われるものを、カレーというスパイスの風味に入れているという、ナイスチャレンジですよ。その、海苔の入ってない状態と比べたくなるね。
心平:確かにそうですね。
太一:そうすると、どんな変わりがあるのかとかね。
心平:海苔ワ~っていうかんじでね、来るから、思いますね。
太一:色ですからね、今回はね。
心平:そうですね。

二品目。

太一:うわーっ。
心平:絶対来ると思った、こうゆう色が。
太一:もう、子供が描いた絵じゃん(笑)「変わった色だね?」「ピンクでカレー描いてみた♪」
心平:(笑)


【津軽の桃 ピンクカレー】(青森県)
青森県産桃ピューレをふんだんに使用した、本州最北端で生まれたこだわりの一品。

太一:(匂いを嗅いで)いや、しないですね、これ、カレーの香り。
心平:うん。
太一:ていう部分で言うと、オリジナリティー出てて、どんな味か、楽しみではありますけどね。いただきます(パクリ)
心平:はい。
太一:(笑)カレーに勝ってますねー。
心平:桃、いますね。
太一:桃、いますよね。桃が、カレーに勝つんですね。すごいわ。
心平:まぁ、意外に、よくできてるのかもしれないですね。
太一:うん。こんな控えめなカレー、初めてですね。カレーが「いいよ、いいよ、お前が行けよ、桃、お前行けよ」っていう味ですよね。
心平:そうですね、まさに。
太一:すごいね、これ。

最後の品。

2人:うわー(>.<)
太一:来るよねぇ…言い切る前に、見えちゃったからねw
スタッフ:(笑)
太一:絶対出てくると思った。ダイエット食ですよ、これこそ。
心平:ねぇ。

【ネモフィラ・カレー】(茨城県)
茨城県にある、ひたち海浜公園のネモフィラ畑をイメージし、ネモフィラ・ブルーを見事に再現した一品。

太一:大体、この時期になると情報番組で、ネモフィラ特集やりますもんね、満開です、みたいなね。”ネモフィラ・ブルー” 、キタノブルーみたいな言い方ですよね、なんかねw いただきます(パクリ)うん…。これ、やっぱね、普通のカレーの色だったら、なんてことないと思うんですよ。やっぱ、目から入ってくる情報がすごい入っちゃってるんでしょうね。なんか不思議じゃないですか?
心平:不思議。
太一:ネモフィラを盛り上げようっていうところから、「じゃあ、カレーも作ってみよう」ってことなんでしょうね?
心平:ですね。話題作りにね、いいんじゃないですかね。
太一:まだ、あるでしょうね、いろんな色ね。
心平:でしょうね。

こうして、今週の裏トークコーナーは終了となりました。

sponsored link

down

コメントする

Archiv



sponsored link