男子ごはんおかわり【モバイル版】

「男子ごはん おかわり」のモバイル版。人気レシピを中心に。ケンタロウ時代のレシピも

#683冷たいイタリアン2品

time 2021/07/25

◇男子ごはん7月25日放送日のレシピ

材料

●メカジキとエビのエスカベッシュ(2人分)
メカジキ…200g、むきエビ…100g、赤パプリカ、黄パプリカ…各1/2個、塩…小さじ1/3、黒こしょう…適量、片栗粉…大さじ1、薄力粉…小さじ2、揚げ油…適量、玉ねぎ…小1/2個(100g)、オリーブ油、ベビーリーフ…各適量

≪マリネ液≫
バジル…5g、イタリアンパセリ…3g、白ワインビネガー…100㏄、オリーブ油…大さじ2、砂糖…大さじ1.5、塩…小さじ1/2

●夏牡蠣の冷製パスタ(2人分)
岩牡蠣…150g、カッペリーニ…180g、にんにく…1片、赤唐辛子…1本、だし昆布…5g、大葉…5枚、すだち(くし形に切る)…適量、白ワイン…50㏄、水…150㏄、塩、オリーブ油…各適量、パルミジャーノ・レッジャーノ…適量

作り方

■メカジキとエビのエスカベッシュ
1.マリネ液を作る。
バジル、イタリアンパセリはみじん切りにする。バットにマリネ液の全ての材料を合わせて混ぜる。
2.メカジキは2㎝幅に切り、むきエビは背ワタがあれば取り除く。バットに入れ、塩、黒こしょうで下味をつけ、片栗粉、薄力粉を加えてまぶす。
3.パプリカは縦に食べやすく切る。玉ねぎは横薄切りにする。
4.揚げ油を180℃に熱し、パプリカを入れて30秒ほどでサッと揚げる。続いて2を加えて中火で揚げ、表面がカリッとして火が通ったら油をきって取り出す。
5.熱いうちに1のバットに加える。上に玉ねぎをひろげ、ラップをして上から軽く押させえて漬けこむ。冷蔵庫で半日漬け込む。

【Shinpei’s Point】
マリネ液に玉ねぎをしっかり漬けること

6.器に5を盛ってオリーブ油を回しかけ、ベビーリーフを添える。

■夏牡蠣の冷製パスタ
1.蠣は洗って水気を拭く。にんにくは半分に切って潰し、芽を取り除く。赤唐辛子はヘタと種を取り除く。大葉は千切りにする。
2.小鍋に水とだし昆布を合わせて中火にかけ、5分煮出す。昆布は取り除く。
3.別の小鍋にオリーブ油(大さじ1)、にんにく、赤唐辛子を入れて熱し、香りが出てきたら牡蠣、白ワインを加えて蓋をして中火で2~3分煮る。

【Shinpei’s Point】
牡蠣の火入れを優しくすることで旨味を残したまま、美味しいだしを外に出すことができる

4.2、塩(小さじ1/2)を加えてひと煮立ちさせる。ボウルなどに取り出す。オリーブ油(大さじ3)を加えて混ぜ、しっかり冷やす。牡蠣は大きければ食べやすく切る。
5.カッペリーニは塩、オリーブ油(各適量)を加えた熱湯で表示時間通りに茹でる。茹で上がったらザっと洗って水気をしっかり絞る。
6.ボウルに4の煮汁、5を和える。味をみて薄ければ塩でととのえる。
7.器に6を盛って牡蠣、大葉をのせ、パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろし、オリーブ油(少々)を回しかける。すだちを添える。

sponsored link

down

コメントする

Archiv



sponsored link